歯を白く綺麗にするホワイトニング

歯磨きなどの歯のケアでは落としきれない着色した色素を落として歯を白く綺麗にする方法をホワイトニングと呼ばれ1989年にアメリカで実用化された技術で当時は歯を白くするために葉の表面を削ったり人工の綺麗な歯をかぶせたりする方法が主流でしたが現在は安全性が高い方法で歯を削ったりすることなく歯のくすみの原因の色素を分解することによって歯の明度を上げて白く綺麗な歯に仕上げていきます。

またこの方法には大きく分けて2種類あり歯科医院で行う方法と自宅で行う方法があり、歯科医院で行う方法は歯自体に薬剤を塗ってレーザーの光をあてて白く美しい歯に変えて行くのが一般的で短い時間で即効性がある方法で芸能人をはじめ多くの方が利用されています。

また自宅で行う方法は歯科医院で自分の歯形に合わせたマウスピースを造ってもらい、そのマウスピースに専用のジェルを流し込んで歯に装着させ、これを自宅で繰り返し行うことで歯を徐々に白くしていきます。

歯科医院で行う方法よりも歯が白くなったと実感するまで時間がかかりますが白さの持続期間などでは歯科医院で行うよりも優れています。

一番効果的な方法は歯科医院と自宅を上手く組み合わせることが理想的な方法となります。

コメントは受け付けていません。