唾液の分泌量は低下

普段何気なく摂取している食べ物や飲み物には酸を含んだものがたくさんあります。その酸を含んだものを食べ過ぎてしまうことでエナメル質が知らない間に溶けることがあります。
食後は口内が酸性に傾きます。唾液はこの状態を中和する効果があります。しかし、ストレスや低用量ピルの服用、更年期などさまざまな要因によって唾液の分泌量は低下してしまいます。口の中の渇きを感じなくとも、頻繁なうがいを行うことが重要です。
そしてうがいや唾液だけでは完全とは言えません。中和ができていない状態を放置していると酸がエナメル質に影響を与えます。酸に触れた直後にはエナメル質の組織が緩み柔らかくなっています。この状態で強く磨いてしまうとそれだけで表面を傷つけてしまうことがあります。食後すぐに磨くことも大切ですが、一度水でよくうがいをしてから磨くことが効果的です。
どれだけ丁寧に手入れを行っていても、一度失ってしまったエナメル質は元に戻すことはできません。これらがすり減ってしまった状態でも、一見口内は健康的に見えます。しかし内部ではもろく薄く、透けたり黄ばんで見えることがあります。見た目は何も問題がなくとも定期的な健診は非常に重要です。

コメントは受け付けていません。